FC2ブログ

メンテンの有名すぎる名店 @Lara Djonggrang

レストラン
06 /02 2018
初めてジャカルタに来られた方を
是非お連れしたいレストランのひとつがここ

”Lara Djonggrang”
(ララ・ジョングラン)
ララジョングラン

ララジョングラン ララジョングラン
ララジョングラン ララジョングラン


私が大好きなエリア ”メンテン”にあります

メンテンは昔から富裕層が多く住むエリアで
邸宅自体の広さはいうまでもありませんが
一軒ごとに高い門と塀があり
お隣の家との間隔もとっても広く静かな場所です

デウィ夫人がスカルノ大統領とご結婚される前は
メンテンのあるご邸宅に住んでいらっしゃったようです
(デウィ・スカルノ自伝より)

そして あまり知られていないのですが
実は アメリカの前大統領バラク・オバマさんも
幼少の頃 数年間メンテンに住んでいらっしゃったようです
メンテン第一小学校に通学されていたとのこと
(Wikipedia参照)

そんな由緒正しきメンテンにはジャカルタを代表する
伝統的なおもてなしレストランが多数あります

ジャカルタに少し住み慣れた方にとっては
メンテンにあるレストラン と聞くだけで
「おっと、今日はおめかししていかなくちゃだわ」
なんてお気持ちになる方もいらっしゃるでしょうね
(完全にわたしのこと、ですが・・・苦笑)


メンテンを通るたびに
ジャカルタの喧騒を一瞬忘てしまうような
心が鎮まるような感覚になります

先日初めてジャカルタに来てくれた 友人を連れて行き
やっぱり喜ばれたお店が”ララ・ジョングラン”でした

ララジョングラン ララジョングラン

わかりやすいほどにインドネシアらしさを感じさる
オリエンタルムードたっぷりな外観と
ひとつひとつの店内の装飾が
どんなゲストの期待にも応えてくれます

メニューは お料理の写真が付いていないため
インドネシア語(もしくは英語)ができる方と
ご一緒されることをおススメしますが

店員も外国人の対応に慣れてるスタッフが多いので
そんなに心配はいらないかと思います

私たちがオーダーしたお料理を ご紹介しますね

☆ ガド・ガド・ピサー・ロントン (6万8000ルピア/約545円)
ララジョングラン
ロントンは 生米をバナナの葉で包み蒸しあげたもので
例えていうなら お餅のような触感でモチモチしています

ピーナッツソースをかけた 
いわゆるインドネシア風サラダが ガド・ガドです

☆ ナシ・ゴレン・スマラン  (8万5000ルピア/約680円)
ララジョングラン
スマランは 中部ジャワの州都です

☆ レンダン・パダン (10万8000ルピア/約865円) 
ララジョングラン
レンダンは 牛煮込みで、パダン料理の代表格のメニュー
パダンは 西スマトラの州都でスマトラ島で一番大きな都市

☆ サテ・アヤム・ワロック (7万8000ルピア/約625円)
ララジョングラン

☆ サテ・ダギン・マニス (9万8000ルピア/約785円) 
ララジョングラン

☆ ソト・アサム・イガ・サピ (9万8000ルピア/約785円)
ララジョングラン
牛リブスープ

☆ ソト・アヤム・ダハ (6万8000ルピア/約545円)
ララジョングラン
鶏ももスープ


余談ですが こちらは ”スカルノ”というお部屋
ララジョングラン
「このテーブルはスカルノ元大統領がお使いになったものです」
とスタッフの方が仰っていました

一度お座りになられたことがある という意味だったのか
実際にお使いになられていたものだった のかまでは
確認できませんでしたが どちらにしても 
インドネシアの歴史に興味があるわたしとしては
感激したことに 変わりありません

ララジョングラン
こちらはインドネシアを独立に導いた
スカルノをはじめとする将軍らや 
インドネシアの歴史の一幕を切り取った
それぞれに大きな意味を持つお写真らが飾られています

歴史好きの方にとっては たまらないお部屋ですね

高級レストランは ほかにも探せばありそうですが
歴史とロマンを感じることができるレストランは
そう多くはないはず です


Lara Djonggrang
Jl. Teuku Cik Ditiro No.4, Menteng
(021)315-3252 or (021)316-0288
営業時間 11:00~0:00

クマンにパプアカフェがOPEN @Alenia

カフェ
05 /30 2018
ずっと気になっていた
パプアコーヒーの専門店に
今日ようやく行くことができた

東西に5000㎞ 横長に島々が続くインドネシアは
東のパプアから 西のスマトラ・ジャワまで
それぞれ独自の文化をもつ

コーヒーをとっても 
スマトラとパプアでは全然違う
どちらも好きだけど
特徴的な苦味があるパプアは 個人的には好き

Alenia Papua Coffee & kitchen
(アレニア・パプア・コーヒー・アンド・キッチン)
アレニア 

お店に入った瞬間から
世界的にも有名なパプアの木彫りの装飾や
伝統音楽が迎えてくれて
”パプア” に包まれた感じがした

地元のおじさまたちも昼間から(?)くつろいでいる
(お仕事の打ち合わせだったらごめんなさい・・・)
アレニア

こちらは2階 大きな窓からの自然光が
優しいパプアを一層連想させてくれる
アレニア

ひなたぼっこしながらカフェ・・・なんて気持ちよさそうね
(あ、日焼け止めはマストね!)
アレニア

☆ コピ・パプア・トゥブルック(※) (4万5000ルピア/約360円) 
アレニア
(※)トゥブルック・・・「潰した」の意味

はじめはコーヒーの粉が浮いているので、
スプーンでひと混ぜしてから飲むのがいいかも

写真には残せなかったけど
壁に飾っているパプアの小物たちは
お店のインテリアとしてだけでなく
売り物でもあるみたいなので
興味のある方はじっくり見てみてみても

実はうちの旦那様も
このお店が気になっている(?)らしいので
今度は旦那様と一緒に来てみようと思う


Alenia Papua Coffee & kitchen
Jl. Kemang Raya No.66B, Jakarta Selatan
(021)718-1117

ダルマワンサで優雅なひと時 @MAJAPAHIT LOUNGES

カフェ
05 /29 2018
ここよりも格式の高いホテルが
ジャカルタにあるのならぜひ教えていただきたい
(・・・と、わたしは本気で思う)

THE DHARMAWANGSA
(ダルマワンサホテル)

ダルマワンサホテル
ダルマワンサホテル

数年前、デヴィ夫人がジャカルタに
お越しになられたときにお泊りになった
ホテルのひとつでもある
(ご本人のブログで実際にご紹介されていた)

ダルマワンサホテル

お部屋はエグゼクティブクラスからで
広さは66㎡以上、そして客室は64部屋のみ
日本円で1泊ミニマム6万円はするだろう

ホテルのいたるところに
マジャパヒト時代をイメージさせる装飾が施されていて
旧き佳きジャワの面影を感じさせてくれる

世界各地に展開しているような
超高級ブランドホテルとは
コンセプトも雰囲気も一線を画している


先日そのダルマワンサホテルの
1階のカフェラウンジに行ってきた


”MAJAPAHIT LOUNGES”
(マジャパヒト・ラウンジ)

どの写真を載せようかと迷ってしまうほど
優雅でエレガントな空間
ダルマワンサホテル

図書館のようなこちらのお部屋を利用することも可
ダルマワンサホテル

ウッド調のブラインドの奥には中庭を望める
ダルマワンサホテル

平日(月曜~金曜)は2名からアフタヌーンティのセットがある
・・・けれどわたしは一人なのでコーヒーをいただく

☆ スマトラ産 Enrekana (7万5000ルピア/約600円)
ダルマワンサホテル
Enrekana というコーヒーは 初めて頂いた

インドネシアの伝統楽器”ガムラン”の生演奏を聞きながら
ここで過ごす時間は格別
語彙が足りなくて うまく表現できないのが悔しい

ダルマワンサホテル ダルマワンサホテル

ちょっと外をお散歩してみる
この光の先には・・・

ダルマワンサホテル

プール
太陽の角度がちょうどよかったのか
虹がしっかり映ってくれている  うれしい
ダルマワンサホテル
ダルマワンサホテル

ホテルの中は どこにいても
ジャスミンの香りで満たされ 
高貴な空間が漂う

心を休めたいときは ここに来て
一人の時間を過ごしてみよう

MAJAPAHIT LOUNGES
THE DAHRMAWANGSA GF, Jl. Brawijaya No.26, Kebayoran Baru, Jakarta Selatan
(021)725-8181  ※ホテル直通

ドイツ料理に舌鼓 @Die Stube

レストラン
05 /28 2018
ジャカルタのドイツ料理、といえば
まずここが一番に挙げられると思う

”Die Stube”
(ディ・ステューブ)
ディースチューブ

大通りからクマンに入ってすぐ右手にあるお店
(でもすぐには見つからないかも・・)

このお店に出会うまで私たち夫婦は
ドイツ料理がこんなに美味しい料理だと
思ったことがなかった

そんな私たちも今では定期的に
ここのソーセージを食べに来ている


お店に入ると早速ビアカウンター
ドイツな雰囲気が溢れる
ディースチューブ

ここのメニューは
読み込んで、理解するのに
少々お時間がかかる(苦)
どのメニューも・・・ちょっと長い!

今日のメニューはこれ


☆ミックス・セレクション・オブ・ボイルド・アンド・ローステッド・
 ミーツ・サーヴド・ウィズ・ザウア―クラウト・アンド・マッシュポテトズ
 (17万ルピア/約1360円)
ディースチューブ
ふ~ 名前が長い
読むのがやっとで もはやどんなメニューか
あまり想像できなかったけど

たのんで正解
ソーセージってこんなにも香り豊かだったんだ

自分の語彙力の低さがまことに残念だけど
「オ・イ・シ・イ」の一言に尽きるわ

写真だとなかなか伝わりづらいけど
このプレート自体 かなり大きい
その上にボンッ、ボンッ、とソーセージが乗っている

サイドメニューは変更できるようなので
私たちは「ザウア―クラウト」から
「スピナッチ・クリーム」に変更!

☆ スピナッチ・クリーム
ディースチューブ
決して大げさじゃなく、感動レベルのほうれん草料理
「ドイツ料理、スゴイ!」と思っちゃうほど美味

ソーセージはお持ち帰りも可能
ディースチューブ

正直、大人2人のランチなら
このワンプレート(ワンオーダー)で十分
お腹いっぱいになります

週末のドイツ・ソーセージ・ランチ
おススメです
ディースチューブ


Die Stube
Plaza Bisnis Kemang I, GL, Jl. Kemang Raya 2, Kemang, Jakarta
(021)7179-3486 or (021)7181-080

@PURE FOODS MARKET

お買い物
05 /27 2018
CREMATOLOGY でブランチをしたあと
気になったので上の階にも行ってみた

2階は(予想通り!)ヨガ教室があって
その向かいには
ステキなオーガニック食品のお店があった

”PURE FOODS MARKET”(ピュア・フード・マーケット)
ピュアフードマーケット

やさしい雰囲気に
吸い込まれるように入ってしまった
ピュアフードマーケット

こちらはクマンにあるウッド雑貨店のアイテムたち
ピュアフードマーケット

ジャカルタにもこういうヘルシー志向の
お店があるのは嬉しい
☆ ジンジャーベースのオーガニックフード
ピュアフードマーケット 

☆ JAVARAのオーガニックフード
ピュアフードマーケット

ジャカルタのカフェって
外の光を上手に室内に取り込む設計をしている
お店が多いからか 明るくてとっても気持ちいいんだ
ピュアフードマーケット

窓の外はインドネシアらしい光景が
広がっていて癒される
ピュアフードマーケット

テイクアウトもOK
お店の外にキッチンがあるなんて斬新
ピュアフードマーケット

フードだけじゃなくて
原料を厳選している化粧水やリップクリームなど
女子のココロをくすぐる商品多数

お店ごとに買いに行こうとすると渋滞に巻き込まれて
1日がかりのショッピングになってしまうジャカルタこそ
こういうセレクトショップはとっても助かる

日本の友達へのお土産に
JAVARAを買おうと決めているから
一時帰国前に またここに来よう


PURE FOODS MARKET
THE BUYA BLDG 2F, Jl. Cipete Raya No. , Jakarta

ココナッツにょにゃ

緑の木々で溢れる南半球の街ジャカルタに来てもうすぐ一年。ようやく南国生活にも慣れてきた今日この頃(^^ゞ。旦那様とふらりと寄ってみたお店や平日ひとりで行くところなど、のんびりキラキラにつづってみようと思います(^-^)どうぞよろしくお願いします♡