FC2ブログ

メンテンの有名すぎる名店 @Lara Djonggrang

レストラン
06 /02 2018
初めてジャカルタに来られた方を
是非お連れしたいレストランのひとつがここ

”Lara Djonggrang”
(ララ・ジョングラン)
ララジョングラン

ララジョングラン ララジョングラン
ララジョングラン ララジョングラン


私が大好きなエリア ”メンテン”にあります

メンテンは昔から富裕層が多く住むエリアで
邸宅自体の広さはいうまでもありませんが
一軒ごとに高い門と塀があり
お隣の家との間隔もとっても広く静かな場所です

デウィ夫人がスカルノ大統領とご結婚される前は
メンテンのあるご邸宅に住んでいらっしゃったようです
(デウィ・スカルノ自伝より)

そして あまり知られていないのですが
実は アメリカの前大統領バラク・オバマさんも
幼少の頃 数年間メンテンに住んでいらっしゃったようです
メンテン第一小学校に通学されていたとのこと
(Wikipedia参照)

そんな由緒正しきメンテンにはジャカルタを代表する
伝統的なおもてなしレストランが多数あります

ジャカルタに少し住み慣れた方にとっては
メンテンにあるレストラン と聞くだけで
「おっと、今日はおめかししていかなくちゃだわ」
なんてお気持ちになる方もいらっしゃるでしょうね
(完全にわたしのこと、ですが・・・苦笑)


メンテンを通るたびに
ジャカルタの喧騒を一瞬忘てしまうような
心が鎮まるような感覚になります

先日初めてジャカルタに来てくれた 友人を連れて行き
やっぱり喜ばれたお店が”ララ・ジョングラン”でした

ララジョングラン ララジョングラン

わかりやすいほどにインドネシアらしさを感じさる
オリエンタルムードたっぷりな外観と
ひとつひとつの店内の装飾が
どんなゲストの期待にも応えてくれます

メニューは お料理の写真が付いていないため
インドネシア語(もしくは英語)ができる方と
ご一緒されることをおススメしますが

店員も外国人の対応に慣れてるスタッフが多いので
そんなに心配はいらないかと思います

私たちがオーダーしたお料理を ご紹介しますね

☆ ガド・ガド・ピサー・ロントン (6万8000ルピア/約545円)
ララジョングラン
ロントンは 生米をバナナの葉で包み蒸しあげたもので
例えていうなら お餅のような触感でモチモチしています

ピーナッツソースをかけた 
いわゆるインドネシア風サラダが ガド・ガドです

☆ ナシ・ゴレン・スマラン  (8万5000ルピア/約680円)
ララジョングラン
スマランは 中部ジャワの州都です

☆ レンダン・パダン (10万8000ルピア/約865円) 
ララジョングラン
レンダンは 牛煮込みで、パダン料理の代表格のメニュー
パダンは 西スマトラの州都でスマトラ島で一番大きな都市

☆ サテ・アヤム・ワロック (7万8000ルピア/約625円)
ララジョングラン

☆ サテ・ダギン・マニス (9万8000ルピア/約785円) 
ララジョングラン

☆ ソト・アサム・イガ・サピ (9万8000ルピア/約785円)
ララジョングラン
牛リブスープ

☆ ソト・アヤム・ダハ (6万8000ルピア/約545円)
ララジョングラン
鶏ももスープ


余談ですが こちらは ”スカルノ”というお部屋
ララジョングラン
「このテーブルはスカルノ元大統領がお使いになったものです」
とスタッフの方が仰っていました

一度お座りになられたことがある という意味だったのか
実際にお使いになられていたものだった のかまでは
確認できませんでしたが どちらにしても 
インドネシアの歴史に興味があるわたしとしては
感激したことに 変わりありません

ララジョングラン
こちらはインドネシアを独立に導いた
スカルノをはじめとする将軍らや 
インドネシアの歴史の一幕を切り取った
それぞれに大きな意味を持つお写真らが飾られています

歴史好きの方にとっては たまらないお部屋ですね

高級レストランは ほかにも探せばありそうですが
歴史とロマンを感じることができるレストランは
そう多くはないはず です


Lara Djonggrang
Jl. Teuku Cik Ditiro No.4, Menteng
(021)315-3252 or (021)316-0288
営業時間 11:00~0:00

ココナッツにょにゃ

緑の木々で溢れる南半球の街ジャカルタに来てもうすぐ一年。ようやく南国生活にも慣れてきた今日この頃(^^ゞ。旦那様とふらりと寄ってみたお店や平日ひとりで行くところなど、のんびりキラキラにつづってみようと思います(^-^)どうぞよろしくお願いします♡