FC2ブログ

フレンドリーなナチュラルレスト @Ecology

レストラン
06 /03 2018
ここの前の道を通るたびに 気になっていたお店 
(このパターンよくあるね)

クマン・ラヤ(=通り)に面してはいるけれど
お店の中の様子がわからず
なかなか入るに入れなかった

けれど ついに週末行くことができた

Ecology
(エコロジー)
エコロジー

こんな開放感あるお店だったなんて
外からでは わからなかった・・・
エコロジー

店員さんもフレンドリーで感じがよい
オーダーする前からこのお店気に入っちゃった
エコロジー

結果的に 「もっと早く来てればよかった」
と思うほど よいお店だった


☆ アイスティ (週末のプロモでしょうか?2杯無料でした)
☆ アボカド・ジュース (4万8000ルピア/約385円)
エコロジー

☆ クリスピー・カラマリ・サラダ (5万5000ルピア/約440円)
エコロジー
さすがインドネシア!クリスピーの中にも
こっそりサンバル(唐辛子)を忍ばせたね?
おかげでフライものも飽きずに最後まで美味しく頂けた

☆ フィリー・チーズ・ステーキ (11万ルピア/約880円)
エコロジー
(旦那様のオーダー)

☆ クラシック・ベネチアン・ボンゴレ (7万5000ルピア/約600円)
エコロジー
パスタを食べたあと
ニンニクと魚介エキスが詰まったわずかなスープを
フランスパンにしみ込ませたら・・・最高に美味しかった


クマン ってすごい

お店がオシャレなだけじゃなく
お料理のレベルが軒並み高い(・・・高すぎ)!

これは夜もぜ~ったい期待できそう
次回は夜に


Ecology
Jl. Kemang Raya No.6, Kemang, Jakarta
(021)719-1032

メンテンの有名すぎる名店 @Lara Djonggrang

レストラン
06 /02 2018
初めてジャカルタに来られた方を
是非お連れしたいレストランのひとつがここ

”Lara Djonggrang”
(ララ・ジョングラン)
ララジョングラン

ララジョングラン ララジョングラン
ララジョングラン ララジョングラン


私が大好きなエリア ”メンテン”にあります

メンテンは昔から富裕層が多く住むエリアで
邸宅自体の広さはいうまでもありませんが
一軒ごとに高い門と塀があり
お隣の家との間隔もとっても広く静かな場所です

デウィ夫人がスカルノ大統領とご結婚される前は
メンテンのあるご邸宅に住んでいらっしゃったようです
(デウィ・スカルノ自伝より)

そして あまり知られていないのですが
実は アメリカの前大統領バラク・オバマさんも
幼少の頃 数年間メンテンに住んでいらっしゃったようです
メンテン第一小学校に通学されていたとのこと
(Wikipedia参照)

そんな由緒正しきメンテンにはジャカルタを代表する
伝統的なおもてなしレストランが多数あります

ジャカルタに少し住み慣れた方にとっては
メンテンにあるレストラン と聞くだけで
「おっと、今日はおめかししていかなくちゃだわ」
なんてお気持ちになる方もいらっしゃるでしょうね
(完全にわたしのこと、ですが・・・苦笑)


メンテンを通るたびに
ジャカルタの喧騒を一瞬忘てしまうような
心が鎮まるような感覚になります

先日初めてジャカルタに来てくれた 友人を連れて行き
やっぱり喜ばれたお店が”ララ・ジョングラン”でした

ララジョングラン ララジョングラン

わかりやすいほどにインドネシアらしさを感じさる
オリエンタルムードたっぷりな外観と
ひとつひとつの店内の装飾が
どんなゲストの期待にも応えてくれます

メニューは お料理の写真が付いていないため
インドネシア語(もしくは英語)ができる方と
ご一緒されることをおススメしますが

店員も外国人の対応に慣れてるスタッフが多いので
そんなに心配はいらないかと思います

私たちがオーダーしたお料理を ご紹介しますね

☆ ガド・ガド・ピサー・ロントン (6万8000ルピア/約545円)
ララジョングラン
ロントンは 生米をバナナの葉で包み蒸しあげたもので
例えていうなら お餅のような触感でモチモチしています

ピーナッツソースをかけた 
いわゆるインドネシア風サラダが ガド・ガドです

☆ ナシ・ゴレン・スマラン  (8万5000ルピア/約680円)
ララジョングラン
スマランは 中部ジャワの州都です

☆ レンダン・パダン (10万8000ルピア/約865円) 
ララジョングラン
レンダンは 牛煮込みで、パダン料理の代表格のメニュー
パダンは 西スマトラの州都でスマトラ島で一番大きな都市

☆ サテ・アヤム・ワロック (7万8000ルピア/約625円)
ララジョングラン

☆ サテ・ダギン・マニス (9万8000ルピア/約785円) 
ララジョングラン

☆ ソト・アサム・イガ・サピ (9万8000ルピア/約785円)
ララジョングラン
牛リブスープ

☆ ソト・アヤム・ダハ (6万8000ルピア/約545円)
ララジョングラン
鶏ももスープ


余談ですが こちらは ”スカルノ”というお部屋
ララジョングラン
「このテーブルはスカルノ元大統領がお使いになったものです」
とスタッフの方が仰っていました

一度お座りになられたことがある という意味だったのか
実際にお使いになられていたものだった のかまでは
確認できませんでしたが どちらにしても 
インドネシアの歴史に興味があるわたしとしては
感激したことに 変わりありません

ララジョングラン
こちらはインドネシアを独立に導いた
スカルノをはじめとする将軍らや 
インドネシアの歴史の一幕を切り取った
それぞれに大きな意味を持つお写真らが飾られています

歴史好きの方にとっては たまらないお部屋ですね

高級レストランは ほかにも探せばありそうですが
歴史とロマンを感じることができるレストランは
そう多くはないはず です


Lara Djonggrang
Jl. Teuku Cik Ditiro No.4, Menteng
(021)315-3252 or (021)316-0288
営業時間 11:00~0:00

ドイツ料理に舌鼓 @Die Stube

レストラン
05 /28 2018
ジャカルタのドイツ料理、といえば
まずここが一番に挙げられると思う

”Die Stube”
(ディ・ステューブ)
ディースチューブ

大通りからクマンに入ってすぐ右手にあるお店
(でもすぐには見つからないかも・・)

このお店に出会うまで私たち夫婦は
ドイツ料理がこんなに美味しい料理だと
思ったことがなかった

そんな私たちも今では定期的に
ここのソーセージを食べに来ている


お店に入ると早速ビアカウンター
ドイツな雰囲気が溢れる
ディースチューブ

ここのメニューは
読み込んで、理解するのに
少々お時間がかかる(苦)
どのメニューも・・・ちょっと長い!

今日のメニューはこれ


☆ミックス・セレクション・オブ・ボイルド・アンド・ローステッド・
 ミーツ・サーヴド・ウィズ・ザウア―クラウト・アンド・マッシュポテトズ
 (17万ルピア/約1360円)
ディースチューブ
ふ~ 名前が長い
読むのがやっとで もはやどんなメニューか
あまり想像できなかったけど

たのんで正解
ソーセージってこんなにも香り豊かだったんだ

自分の語彙力の低さがまことに残念だけど
「オ・イ・シ・イ」の一言に尽きるわ

写真だとなかなか伝わりづらいけど
このプレート自体 かなり大きい
その上にボンッ、ボンッ、とソーセージが乗っている

サイドメニューは変更できるようなので
私たちは「ザウア―クラウト」から
「スピナッチ・クリーム」に変更!

☆ スピナッチ・クリーム
ディースチューブ
決して大げさじゃなく、感動レベルのほうれん草料理
「ドイツ料理、スゴイ!」と思っちゃうほど美味

ソーセージはお持ち帰りも可能
ディースチューブ

正直、大人2人のランチなら
このワンプレート(ワンオーダー)で十分
お腹いっぱいになります

週末のドイツ・ソーセージ・ランチ
おススメです
ディースチューブ


Die Stube
Plaza Bisnis Kemang I, GL, Jl. Kemang Raya 2, Kemang, Jakarta
(021)7179-3486 or (021)7181-080

クニンガンでオシャレナイト @BLUE GRASS

レストラン
05 /20 2018
普段はクニンガンには
あまり行かない

わたしはその周辺の土地勘がない

素敵なお店情報があっても
到着するまでは不安は残ったままだ

クニンガンはわたしの中では
比較的新しい街というイメージ

日本人の駐在員が住んでる
マンションがあったりで
都市開発が急速に進んでいるらしい


今日は旦那様の提案で
こちらのお店に行ってみることにした

BLUE GRASS
(ブルーグラス)
ブルーグラス

高層ビル(バクリータワー)の
1階にある、とっても広くて
スタイリッシュなお店だった

それにしても
クニンガンの高層ビルたちはすごぃ
こんなにたくさんあったなんて

恥ずかしながら 知らなかった・・

同じジャカルタにいるのに
まるで近未来都市に来たみたい(笑)
なんかマニラのマカティに似ている

店員さんに案内され中へ
ブルーグラス
ブルーグラス

携帯で撮った写真のわりには(?)
結構キレイに撮れてて・・・自画自賛(笑)

実物ならどれだけカッコイイお店か
みなさまのイマジネーションを働かせて
ご想像いただければと思う(=人任せ


☆クラッシック・シーザー・サラダ (8万ルピア/約640円)
ブルーグラス
シーザーサラダって
美味しさを競うメニューじゃないと
(わたしは勝手に)思っていたんだけど

ここのシーザーサラダはかなり美味しくて
お野菜&チーズもたっぷりで申し分なし

サラダ単独でお客さんを大満足させるって
実は結構スゴイことだと思う

☆オックステール・フライドライス (12万ルピア/約960円)
ブルーグラス
こちらは旦那様がオーダーした一品

私は味見させてもらったけれど
ちょっとお味は忘れてしまいました
でも美味しかったはずです(^^)

☆クルステッド・ラムチョップ (29万5000ルピア/約2360円)
ブルーグラス
お値段もそれなりにするので
どれくらいのボリュームかを店員さんに確認したら
調理前のお肉そのものを持ってきてくれた

びっくりしたけれど
しっかりパウチされたものだったので安心

ボリュームもあり&衛生的にも安心して
即オーダーした一品

☆チョコレート・クッキー・パイ (6万ルピア/約480円)
ブルーグラス
「あれっ、チョコレートはどこ
「もしかしてオーダー間違えちゃったかしら
と思ったけれど
シリアルの下にしっかりあった


お帰りになる前に 
寄っていただきたい場所がある 
それは・・・お手洗い

ブルーグラス
(びっくりしないでね)
なんとここは外

手前にある蛇口の向こうは
ガラスがありません そのまま外です(笑)

車の行き交う音が聞こえて
たしかに生暖かい風を感じる

斬新すぎてクラクラした

※もちろん個室は見えないように
 ちゃんと設計されているので大丈夫


まだまだ素敵なレストランを
発掘できそうな予感がするジャカルタ

クニンガンの夜景に
癒された週末の夜でした


BLUE GRASS
Bakrie Towar, Ground Level 1,
Jl.HR Rasuna Said Kunigan-Jaksel
(021)2994-1660

ジャカルタの天国?! @寿司天国

レストラン
05 /19 2018
日ごろから食事のバランスには
気を付けているつもりだけれど

最近お肉系のお料理が多かったせいか
無性にお魚が食べたくなって

週末、少し遅めのランチ
旦那様にここをリクエストしてみた


”寿司天国”
寿司天国

南ジャカルタのラジオダラムという
大きな道路沿いにある
日本人店主がいるお寿司屋さん

日本人だけでなく
現地のインドネシア人もたくさん通う
正真正銘の繁盛店


ジャカルタ在住日本人の
お寿司が恋しい”お寿司シック(!)”
このお店はどれだけ解消してくれてるんだろう

この味で&この価格で、しかもジャカルタで
このお寿司を食せるのなら何一つ文句はない

そんなお店


海外にお住まいになったことがある方なら
美味しいお寿司やさんが近くにあることが
どれだけ有り難いことかお分かりいただけると思う

「ウマい寿司を食べさせてくれるなら、
お金は・・・出すよ?」


世界中で生活する
日本人はきっと同じような気持ちを持っているだろう


でもね
ジャカルタの寿司天国はね
全然お高くない・・・

「もう少しお値段上げても・・・いいのよ?」
と言いそうになってしまう

まさにここは”天国”そのもの


たくさんのインドネシア人に
日本のお寿司の味を届け

そしてジャカルタ在住日本人の胃袋を
満たし&癒すこのお店

ジャカルタで生活をする限り
感謝してもし尽くせないほど
私たちの大きな存在になっている



☆ 玉子のにぎり (2万ルピア/約160円)×2皿分
出汁がとてもよく効いていて美味しい
日本でもこのレベルはなかなか食べれないと思う
寿司天国

☆ 鉄火巻き (3万8000ルピア/約300円)
普通は細巻きですよね? ここはなんと太巻き!
ゼイタクすぎるよー
寿司天国

☆ 寿司セット ランチ (15万ルピア/約1200円)
これに茶碗蒸しが付きます
茶碗蒸しもお味噌汁も全部美味しい~!!
寿司天国

☆ 味噌ラーメン (4万5000ルピア/約360円)
私たちのよく知っている懐かしい味です
寿司天国


これでもかというほど日本テイストな襖です(^^)
インドネシア人にとってはこれくらい
わかりやすい方が日本を感じてもらえるのかも
寿司天国



寿司天国
Jl. Radio Dalam Raya No.F11/11A, Jakarta
(021)739-6940

ココナッツにょにゃ

緑の木々で溢れる南半球の街ジャカルタに来てもうすぐ一年。ようやく南国生活にも慣れてきた今日この頃(^^ゞ。旦那様とふらりと寄ってみたお店や平日ひとりで行くところなど、のんびりキラキラにつづってみようと思います(^-^)どうぞよろしくお願いします♡